予算の無駄!氷河期と無関係な製作者が作ったであろう、政府による就職氷河期世代支援ポータルサイト「ゆきどけ荘」泣

タイトル長くてすいません。つい力が入りすぎて笑
2020年7月28日に待望の政府公式の就職氷河期世代支援ポータルサイトがアップしました。
内容は基本的には内閣官房の就職氷河期世代支援プログラムページをイラストなどで見やすく?したもののようです。読んで字のごとく、ポータルサイトなので、詳しく知ろうとすると全て他のサイトに飛ばされます。
例えば、資格が取れるたらなんとかなるかも、と思い「安定就労につながる資格習得コース」を見てみると、すぐに以下の表示になり「詳細はお問い合わせください」と言う感じです↓

短期間てスキルを習得できるってどういう資格?期間は?費用は?就ける職は?などここから先こそ、HP上でより親身にビジュアルを多用してわかりやすく明示してこそ、利用しやすく、一歩踏み出しやすくなり、このサイトの意義があるのに、本当に残念だと思います。

こんな内容のものに企画・制作、芸能人を使って動画を作るなど、就職氷河期世代のための予算を使う意味がないと思います。

いかにも就職氷河期で苦しんだことがない、役人やクリエイターが作ったものですね。
繰り返しになりますが、本当に残念です。
以前広告の仕事をしていたときも、プレゼンでは考え方や理想は素晴らしいものだったのに、着地してみるとただの平凡なサイトになる、と言う典型な感じです。

そして平凡な制作をしていたのが私で、自分の実力のなさ、限界を感じて早々にやめました笑
なので仕方ないことも理解できますが、安くない制作費を使っているなら、もう少し親身に利用者のことを考えて作って欲しかったです。

ホント私が言うのもなんですが笑