じわじわとコロナ禍の影響が、、今こそ公務員試験にチャレンジを!

景気に左右されやすいタクシーの仕事ですが、私の身の回りでもとうとう退職者が出てきています。
私の場合は、幸い奥様が働いていてくれるおかげでなんとかやっていけますが、私の給料だけでは今年4月から月々大幅にマイナス計上となっていました。

もちろん苦しい中でも稼いでいるドライバーもいますが、多くは苦しんでいると思います。
しかし、新天地へ転職できる人はまだしも、私含め就職氷河期世代は転職自体が簡単ではないと思います。

私は個人タクシーを目指しているのでどんなに苦しくてもタクシーを辞めるつもりはありませんが、退職を決める前に転職先を決められればベストですが、今だからこそ公務員へのチャレンジを検討してみてはいかがでしょうか。

現在就職氷河期世代を対象に募集している地方公共団体の一覧が以下にあります。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/koumuin_seido/shushoku_hyogaki_shien.html
就職氷河期世代を対象としていますが年齢制限があるもの、正社員で働いている場合は受験できない、など受験資格が異なる場合があるので、まずは受験資格をご確認ください。
もちろん非常に倍率は高くなりますが、、

同じく、国家公務員の採用も現在行っています!
https://www.jinji.go.jp/kisya/2006/hyougaki_gaiyou.pdf

なんとか、気張って行きましょう!