マッスルトレーナーでダイエットはできない?!使用歴8年のレビュー

こんにちは。修行僧です。
マッスルトレーナーの購入を検討している方は、以下のような心配があるのではないでしょうか。

  • ダイエットはできるかな?
  • 重いだけで、靴も固くて歩きづらいのでは?
  • 靴擦れや腰痛、すぐ疲れたりする?
  • 使っている人の評価はどんなもんかな?

価格も1万円を超えて安い買い物ではなく、また自分には合わなかったり使わなかったら、と考えると気軽に購入はきないですよね。
 本記事を読んでいただければ、マッスルトレーナーのメリットデメリットがわかり、購入の参考になると思います。

私は2013年に初めてマッスルトレーナーを購入しました。
今でもオリジナル、カジュアル、そして毎日使うビジネス2足(紐、ベルト)の合わせて4足持っています。
よく使う通勤用のビジネスタイプは3回6足買い替えています。

それでは早速ですが、記事を進めたいと思います。

マッスルトレーナーでダイエットはできない

最初に結論から言いますが、マッスルトレーナーでダイエット(体重を減らす)ができるか、の答えは「否」です。
マッスルトレーナーは足に1.2〜1.4kgのをつけて歩くことになるので、足腰に筋肉がつき、筋肉は脂肪よりも重いため、体重自体はむしろ重くなる可能性があります。
マッスルトレーナーを継続して使い続けると脂肪が筋肉に変わり、ある程度経つと足腰が引き締まり筋肉質になります。
見た目もかわり、シルエットも変わると思います。
実際私はマッスルトレーナーを使い続けて、友人などと一緒にハイキングなどにいくと、基礎体力を高く保つことができていると友人たちに比べ粘り強く歩行できていると実感します。
もちろん、結果的にダイエットにも繋げることはできると思いますが、靴をマッスルトレーナーに変えるだけでは体重は減りません。
大概の場合、マッスルトレーナーでアシストするとはいえ消費カロリーが摂取カロリーより多くすることは難しいからです。
HPには脂肪を燃やす靴とありますが、そんなに効率よく脂肪は燃焼しません。
そのため、「体重を軽くするダイエット」がマッスルトレーナー出来るか?と問われれば、私はNoと答えます。
しかし、足腰が鍛えられ、引き締まります。

マッスルトレーナーの履き心地は?

履き心地自体は普通の一般的なスニーカーと変わりません。
むしろ通常の靴に比べ内側はやわらかい素材で作られているので、フット感も最適です。
また、ソール部分に金属の粒が入っていて、靴底が硬いイメージがありますが、硬くはなく、適度にやわらかいので、自然に歩くことができ、一般的なスニーカーとの違いは少なく、違和感もありません。
ただ、足を持ち上げてみるとかなり重くなります。1.2キロは驚くほど重いです。
歩いてみて最初は少し重い程度に感じると思いますが、長く歩くにつれ重さが効いてきて、上り坂や階段などは、慣れないとかなり疲れます。
その分、腰からお尻、太腿、ふくらはぎに負担がかかっている証拠なので、足腰は確実に鍛えられていきます。

腰痛や怪我はしないの?

片足わずか1.2キロとはいえ、歩き続けると一般的な靴を履いて歩くことに比べ確実に足腰への負担は大きいので、例えば腰が重くなってきたり鈍痛がしてきたり、関節が痛くなってきたときに、無理をして歩き続けると、怪我につながる可能性はあります。
また無理をしたつもりはなくても、長く歩いた後の翌日などで腰が重く感じることはあります。
また、かかとのくつずれはあまりないと思いますが、重量があるので、負担がかかる足の甲が少し痛くなることもあると思います。
ただ、ほとんどの場合は無理をせず、少しづつ歩く距離を伸ばすなど、足腰を慣らしていくことで生活に支障をきたすことなく使用するし続けることができると思います。

結局、マッスルトレーナーは使えるの?デメリットは?

使えます。確実に買いだと断言します。
私はダイエットを以前から意識していますが、ランニングやトレーニング、食事制限などは継続できた試しがありませんでした。
しかしマッスルトレーナーは、普段使用する靴を替えただけで、通勤や買い物、散歩にいくついでに足腰を鍛えることができます。
何かを継続する努力をする必要がなので、唯一継続ができています。
ダイエットが継続できているわけではないですが、足腰を鍛え続けることができているので、お金に変えられない価値があると思います。
今は食べすぎたりして体重が増えてきたときに、少しの食事制限をするだけで体重を維持することはできています。
これはマッスルトレーナーだけの効果ではないかもしれませんが、筋肉量が多い足腰の筋肉を維持することで基礎代謝をある程度高く維持できているからではないかと思っています。

マッスルトレーナーは直接的なダイエット効果はあまり期待しないほうがいいですが、20代から30代、40代から50代と年齢を重ねていくと確実に衰える足腰を強く維持することができるので、若いうちから使用することをおすすめします。
ちなみに私は30代から使い続けています。

デメリットは強いてあげれば一つ、私はがに股気味なのか、靴底の外側がすり減ります。
この片減りがひどくなるとかかとに穴が空き、鉄の粒が出てきたり、水が入るとサビが出ます。
早く買い替えるべきですが、靴底以外はまだまだ普通に使えるので、つい放置しがちになります。
鉄の粒が出たり錆びてしまうのはマッスルトレーナーの唯一の欠点だと思います。

マッスルトレーナーのおすすめは?どこで買えるの?

タイプ別では、紐のタイプは少し足首あたりが心もとなく固定が甘いので、足首がぐらぐらすることがあります。
そのため、3キロ以上長く歩くのはあまりおすすめできません。
使用シーンが普段の通勤や散歩程度であれば、紐タイプで問題ありません。
3キロ以上連続して歩くなど、長く歩くことが多い場合は、足首までしっかり固定することができるベルトタイプがおすすめです。

女性はサイズ的にオリジナルしか選択肢がないので、残念ですね。。
ここはメーカーに声を大にして言いたいと思います。
せっかく優れた商品を作っているんですからね。

購入はポイントが貯まるアマゾンか楽天がいいと思います。
タイミングで価格が異なる場合もあるので、両方でチェックされるといいともいます。

マッスルトレーナーオリジナル

マッスルトレーナーオリジナル

【重 さ】メンズ:1.4㎏ ※全サイズ共通 / レディス:1.2㎏ ※全サイズ共通
【カラー】ホワイト / ブラック
【サイズ】メンズ:24.5~28.0㎝ / レディス:22.5~25.0㎝


散歩やウォーキングなどをメインにされる方はベーシックなオリジナルががおすすめです。
格好も良く、少し厚底なので足が長く感じます。
>>メンズーブラックAmazon / Rakuten
>>メンズーホワイトAmazon / Rakuten
>>レディースーブラックAmazon / Rakuten
>>レディースーホワイトAmazon / Rakuten

男性であればよりカジュアルなマッスルトレーナーウォーキングがあります。

マッスルトレーナーウォーキング

【重 さ】メンズ:1.4㎏ ※全サイズ共通
【カラー】ブラック
【サイズ】メンズ:24.5~28.0㎝


ただ、少々デザインが高齢者向けで、若い方であれば、オリジナルの方がいいのでは、、と思います。
私はこの一つ前のモデルを買いましたが、最も出番が少ないです。
>>Amazon / Rakuten

マッスルトレーナービジネス

マッスルトレーナービジネス

【重 さ】メンズ:1.2㎏ ※全サイズ共通
【カラー】ブラック
【サイズ】メンズ:24.5~27.0/28.0㎝


男性で通勤で使用される場合はこちらを強くおすすめします。
牛革を使っており、長く使っても合皮とはちがい光沢が保ててぼろぼろになりません。
私は紐タイプとベルトタイプを両方買って交互に使っています。
>>ヒモタイプAmazon / Rakuten
>>ベルトタイプAmazon / Rakuten

記事は以上です。
みなさんマッスルトレーナーの購入に迷うところはあると思いますが、足腰を鍛え、ダイエットの近道として、効率のいい運動誰でも簡単に継続できるのはマッスルトレーナーだけです。
買って損はないと思いますので、今後の人生を健康に生きる一助に、ぜひ試してみてください。